朝食はホテルの個性

未分類

朝食付きプランは価格がそんなに跳ね上がるものではありません。ホテルによって、違いはありますが、目が飛び出るような金額ではありません。朝食からメインディッシュをという方もいますが、そんなに多くはありませんから、朝食付きプランでの食事は質素なものが多いといえるでしょう。おにぎりと味噌汁セットやパンとコーヒーのセットメニューもあります。いわゆる軽食です。

バイキングそれだけでは個性が出ていないと考え、カレーライスやパスタ、ステーキを振る舞うホテルもあります。朝食はホテルの個性が最も表れる部分であり、生存競争の証といえます。ありきたりのサービスであれば、すぐに飽きられてしまいます。そのため、個性を出し、存在感を利用者にアピールし続けていかなければなりません。大きなホテルではバイキング形式を採用しているホテルもあります。起床後は空腹感でいっぱいですかた、選択肢が多いと、食欲が湧くものです。そのため、バイキング形式をオーソドックスですが、人気があります。

今や、ホテル選びはいかに安く、いかに満足することが可能かという時代になってします。宿泊者の目が肥えてきて、そのニーズにホテル側は答えていかなければなりません。朝食を提供する側も手を抜いてはいられないといえるでしょう。